エアコン取り付けの所要時間は?

真夏や真冬にエアコンが突然壊れたら、すぐに新しいエアコンを取り付けたいですよね。 しかし忙しくて暇がない場合、取り付けの所要時間がまずは気になるところ。 今回はエアコン取り付けの所要時間についてまとめました!

標準取り付け工事の場合

電源やコンセントまわりに問題がなく、追加の工事が必要ない場合、取り付けの所要時間は、業者やエアコンの機種にもよりますが、1時間から2時間半程度です。
このような工事を標準取り付け工事と呼びます。
一般的に、標準取り付け工事には以下の内容が含まれます。

・室内機の設置
・室外機の設置(平地置き、ベランダ置きのような簡単な設置)
・配管穴の穴あけ一箇所
・配管接続(4mまでとしている業者が多い)
・真空引き施工
・エアコン専用回路への接続
・アース端子への接続
・動作確認

しかし、業者によって標準取り付け工事の内容は違いますので、依頼の前によく確認しましょう。

取り外しが必要な場合

古いエアコンを取り外してから、新しいエアコンを取り付ける場合は、その分時間がかかります。
標準的な取り外し工事は30分程度で終わりますが、何らかのトラブルが発生したり、エアコンの機種によってはもっと時間がかかる場合もありますので、1時間はみておくとよいでしょう。

オプション工事が必要な場合

長年使っていたエアコンを取り外し、新しいエアコンを取り付ける場合は、さまざまなオプション工事が必要になる可能性が高いです。
また、見栄えが気になる……という場合は、化粧カバーの設置が必要ですし、設置場所によってはホースの延長や専用コンセントの工事が必要になります。
オプション工事として考えられる代表的なものは、以下の通りです。

・電源工事オプション(コンセント形状交換、ブレーカーの交換など)
・穴あけオプション(壁が特殊な素材の場合など)
・配管延長オプション
・隠蔽配管オプション
・化粧カバーの設置

もちろん、これらのオプション工事を依頼すればするほど時間がかかってしまいます。
場合によってはすべての作業が終わるのに丸1日かかることもあります。

終わりに

エアコンの取り付け工事は、特に問題がない場合は短時間で終わりますが、トラブルがあったりいろいろとこだわったりする場合は、時間がかかってしまいそうですね。
「すぐに取り付けたい」「見た目や場所にこだわりたい」といった悩みがある場合は、プロのエアコン取り付け業者に相談してみてはいかがでしょうか?
きっと、状況にあった取り付け方法を提案してくれるはずですよ。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る