エアコンの移設費用ってどれくらい?

家族構成の変化や引越しなどでエアコンの移設を検討される方もいると思いますが、その費用がどれくらい必要かをご存じですか? エアコンの移設費用は、運搬距離、台数、移設先の環境などによっても異なりますが、今回はだいたいの相場を説明します。

“エアコンの移設費用ってどれくらい?"

エアコンの取り外し

まずは取り外し代金です。
だいたいのエアコンの移設や処分のときは取り外しで5000円程度になります。
気をつけたいのは、エアコンを取り外したあとに残った穴の処理です。
しっかりとした業者であればホイールキャップなどしっかりしたものでエアコンの移設時の穴埋めをしてくれますが、見た目だけ埋まっているようにしている業者もあるようなので注意が必要です。

エアコンの取り付け

次に取り付け代金です。 これもハッキリとは料金を明示できませんが、だいたい15000円程度になります。
設置してあったエアコン本体、室外機のほかに、再利用できる部品などがあれば移設の際にその分安くなる場合もあります。
ただし、配管などはエアコンの移設後も長さが同じにならない限りは、新品に取り替えた方がよいです。
配管を継ぎ足した部分からガス漏れを起こす事になりかねないため、エアコンの移設の場合は安全上の問題から継ぎ足す事はあまりないようです。

エアコンの運送

運送費こそ業者によってまばらなため非常に相場を調査しづらい部分です。
引っ越しと一緒にしてしまえば料金は安く抑えられますが、エアコンの移設だけでしか業者を使わない場合はそれなりに費用がかかります。
エアコンの移設だけとなると、移設だけに全ての手間(人手・時間・費用)がかかってしまう為、どうしても割高になりがちなようです。

エアコンの細かな整備

さて、これでエアコンの移設は終わりかな…と思われがちですが、まだまだあります。
コンセント交換や電圧切り替えなど、どちらも3000円程度費用がかかります。
これらは移設先が手持ちのエアコンに対応するコンセント、電圧なのかを確認するための作業になります。
エアコンが移設先に対応していなければ移設をする前に工事が必要という事です。

なぜ移設の時に電圧切り替えが必要なのか

エアコンに使うコンセントは、壁から直接取っている所がほとんどだと思います。
これらのコンセントは、普段日常で使うコンセントとブレーカーが別になっていたりします。
それは、エアコンと何か別の電気製品を使う事でブレーカーがすぐに落ちてしまうことを防ぐためです。
エアコンをつけながらテレビをつけたり、照明をつけたりするだけでブレーカーが落ちてしまっては意味がありませんからね。

よく、ひげそりやドライヤーなどで、海外専用というのを見たことがありませんか?
それは日本と海外では電圧の規格が違うから、日本の家電をそのまま持って行っても使えないんですね。
エアコンと各家庭のコンセントも規格が合うものでないと使えないのです。
ただし、200Vの電力が必要にも関わらず、契約が100Vしかない場合は電力会社へ契約変更手続きが必要になります。

最後に

エアコンの移設にかかる費用は意外と大きな金額になってしまうことが多いです。 引越しの業者に依頼するのもいいですが、比較的新しいもの以外のエアコンは処分したいという場合は、不用品回収業者に依頼してエアコンの移設もできるかどうか聞いてみるといいかもしれません。

くらしのマーケットの特徴

◎ オンライン予約可能
◎ 予約前の個人情報の登録不要
◎ しつこい営業電話なし
◎ 不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る